月別アーカイブ: 2015年11月

東京の求人数がかなりあるとても便利な保育士の求人サイトで転職活動

保育士として働いていますが、転職を考えるようになりました。保育士の転職サイトを見てみると、沢山の保育士求人があり、これならスムーズに転職できそうだなと、ホっと安心しました。しかも、元保育士のコンサルタントが沢山在籍しているので、保育士の気持ちが良くわかると思いますし、頼りになりそうだなとワクワクしています。

特に、保育士求人東京だと、かなり沢山あるので、東京に住んでいる私にとっては、大変ありがたいです。

忙しく毎日働いているので、転職するのは難しいだろうなぁと思ったのですが、コンサルタントの方に相談しながら転職活動ができますし、たくさんの保育士求人を見てかなり前向きになっています。1人で転職しなければいけないなら、とても大変だったと思うので、こうした保育士の転職サイトがあり助かりました。

不安なことを相談してみると親切に教えてもらえますし、良い職場を色々紹介してもらえてどこにしようか考えています。今の職場よりも良い条件の職場がすぐに見つかったので、とても嬉しいですね。もっと早くに転職活動をすれば良かったと思いました。まさかこんなに便利な保育士の転職サイトがあるとは知らなかったんです。

他にも転職を考えている保育士がいるので、私が転職に成功したら教えてあげようと思います。使いやすいですし、コンサルタントの方がすごく良い人たちばかりです。

保育士の辛い所

保育士の仕事の辛い所は、たくさんあると思います。
保育士の仕事と言うと、表向きはとても楽しそうで、子供達と触れ合うことのできる仕事であるというイメージがあると思います。
しかし、実際は、かなりの肉体労働で、さらには体力勝負な仕事となりますので、長く続けていくのには、とても大変な仕事であるとされています。
まず、保育士の仕事は朝が早く、そしてたくさんの子供達を同時に見なければなりませんので、神経を使う仕事となります。
最近では、難しい親の方も多いので、こうした親の方の対応などもたいへんであるといわれています。
また、保育士の仕事は、その待遇などもあまり良くないといわれています。
保育士は、その仕事量の多さに比べて安月給と言われており、それほど給与が高くないといわれています。
また、残業なども多く、労働条件もあまり良くないといわれています。
このように、保育士は、そのイメージとは違い、労働条件なども厳しく、また体力的にも厳しい仕事となっています。
しかし、やりがいなどはある仕事ですし、女性が長く働き続けることのできる仕事と言うことで、人気の職業となっています。
しかし、このような厳しい側面があるということも頭に入れておきましょう。

社会人になってからでも保育士は目指せる!

一般的に保育士になる主流なルートは保育士の専門学校など、指定されている学校を卒業する事です。卒業後は保育士の資格を取得して、就職活動から保育士の業務に携わる事になります。保育士の資格は国家資格です。国家資格ってやはり学生の時にしっかりと勉強をして取得しておかなければ、社会人になってからでは中々取りたい資格を取得することが出来ないケースが多いですよね。しかし、保育士の資格って社会人になってからでも意外と取得しやすいんですよ。
保育士の資格を社会人になってから取得するには、上記で紹介したように学校を卒業するという一般的なルートの他、国家試験を受けて合格する事でも保育士の資格を取得することが出来ます。学校へ通う為にはお金がかかりますが、それ以上に社会人になってから収入が途切れた状態で学校へ通う事が難しいですよね。その為、もし社会人になってから保育士の資格を取得したいなら、学校へ通うのではなく勉強をして国家試験に合格する事を目指す方が簡単なケースがあります。この方法だと仕事をしながら勉強を進めることが出来ますし、保育士を目指しやすいですよ。国家試験は年に一度だけ開催されているので、スケジュールを確認して計画を立ててみると良いですね。

保育士の仕事はやることがたくさん!

一般に保育士といったら子供の面倒を見る、そんなイメージがあるのですが、保育士の仕事はそれだけではなく、実際やることは他にも山のようにあります。
子供の面倒を見るといっても幅が広く、たくさんのことを子供に教えなければなりません。
例えば食事や着替え、トイレなど自分でできない子にも少しずつ自分でできるように教えていきます。
その他にも集団生活に慣れることを教えなければなりません。
協調性を持ち、小学校に向けて落ち着きのある子にする、これらは一見簡単そうかと思われますがとても難しいのです。
子供は1人1人タイプが違うもの。その子供のペースに合わせていろいろなことを身につけさせます。
そして保育園には運動会、発表会、遠足などの行事も年に数回あります。
その構成を考えたり、準備もします。
誕生日の子供にお手紙やちょっとしたプレゼントや出し物も考えたりします。
その他、施設内の安全点検や地域とのかかわりを持つこともあります。
そして一番大切なことは子供や親との信頼関係を築くこと。
人間同士の関わりはとても難しく、これらをいかに柔軟におこなえるかが一番のポイントとなってきます。
このように保育士の仕事はとてもやることが多くハードなもの。
一つ一つのことを達成することでやりがいを感じることができるでしょう。

保育士について

あなたは保育士さんに対し、どのようなイメージがあるでしょうか?子供さんの世話をするのが好きな優しいお姉さんお兄さん、というような印象をお持ちの方もたくさんいるかもしれません。

確かに、保育士さんは子供さんたちが大好きで優しい人というイメージがけっこうありますよね。
元々、子供たちが大好きだったので、保育士を目指したという人も多いでしょうし、子供たちの笑顔や成長をたくさん見たいために、保育士になったという方も少なくはないと思います。

もちろん、保育士さんのお仕事はとても責任感も強いですし、大変なことが多くて楽ではありませんが、それでも小さな子供さんたちの元気な姿を近くで感じとることができるので、とてもやりがいのあるお仕事ではないでしょうか。

保育士のお仕事をしたいという人もたくさんいるはずですし、実際に働いている方も多いですが、やはり、保育士さんはすごくステキなお仕事ではないでしょうか。保育士さんというだけで、何か良い印象を与えることができますし、子供さんたちからも慕われれば、とても嬉しいと思います。

当然、誰もがなれるものではありませんが、保育士のお仕事は非常に魅力的なお仕事ですよね。
あなたも子供さんたちの成長を、保育士として目の前で見てみてもいいのではないでしょうか。